◆ 黒檀について ◆
メインのパーツである黒檀(ebony)は東南アジアとアフリカの一部に育っている柿の木の仲間の木で、黒い色が特徴でとても目のつまった硬い木です。その性質ゆえに細かい細工が出来、磨くと金属のような輝きが出るのです。
また仕上がった後も木自体に油分を持っているため、使うほどに輝きを増し、耐久性も備えた貴重な素材です。よく見ると木目もあって暖かみのある素材です。
広大な大地から時間をかけて成長した黒檀。自然のものからインスピレーションを受けたデザインで、丁寧に彫られたビジュを身につけると、お守りのようにそこからエネルギーをもらえるような気持ちになります。

◆ rosewood ◆
stoneのシリーズなどで使っている茶色い木はrorewood 紫檀とも呼ばれています。
東南アジア、中南米、マダガスカルなどで育っている木です。
高級家具、楽器などが作られています。木目があり味わいのある素材です。

◆ kadam ◆
stoneのシリーズなどで使っている白木。インドでカダムと呼ばれています。
神聖な木と呼ばれていて、ガネーシャの像や、フクロウの彫り物などがこの木で作られています。
優しい風合いの木です。

*これらは、木です。極度の乾燥や湿度、強い衝撃によって破損することがございます。
長時間、直射日光のあたらない場所で保管して下さい。また水に濡れないようにお願いいたします。
ツヤがなくなってきた時には、蜜蝋、木材用のワックス、少量のオリーブオイルなどを柔らかい布に取り、優しくすり込み、磨いて下さい。